債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

クレジットカードでショッピングやキャッシングをして、その返済が困難になったので債務整理(任意整理、場合によっては個人再生・自己破産)をしようと検討している時に、債務整理後に現在使っているクレジットカードが使えるか、また、新たにクレジットカードを作れるかなど、気になる人もいるかと思います。

 

基本的には、裁判外の任意整理、裁判上の個人再生・自己破産などの債務整理をすると、債務整理後は、当然クレジットカードの使用・申込みができなくなります。

 

その理由は、信用情報機関に債務整理をしたことが事故情報として残るから

 

債務整理の方法により、使えない期間も違ってきます。

 

その使えない期間はどのくらいか、また、対策はあるのかについて、紹介します。

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなる

 

債務整理をすると、基本的にはクレジットカードは使えなくなります。
ブラックリストに載ってしまうからです。

 

債務整理をすると、クレジットカード会社の加盟している信用情報機関(※)に、債務整理をしたということを報告し、その信用情報に債務整理をしたという事実(異動情報)が記録されます。

 

これがブラックリストに載っている、という状態です。

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

(※)
信用情報機関は、CIC、JICC、KSC などといった組織があります。

 

CICは、指定信用情報機関(Credit Informarion Center)、JICCは、日本信用情報機構(Japan Credit Information Reference Center Corp.)、KSCは、全国銀行協会、全国銀行個人信用情報センターのことです。

 

クレジットカード会社がどの信用情報機関に加盟しているかは、それぞれのホームページの規約や加盟会員一覧のページで確認することができます。

 

 

クレジットカードを使うということは、お金を借りてショッピングしたり、キャッシングはそのものズバリ、お金借りることで、クレジットカードを使うということは、後払いでお金を借りるということなので、借主に返済能力がある(与信能力)ということが前提となります。

 

クレジットカードの信用調査は、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収、借入額、持ち家などを見て、返済能力があるかどうかの判断基準のほかに、借金の支払い状況や債務整理をしたかどうか確認するために上記の信用情報機関のデータを参照します。

 

債務整理後に、信用情報機関の信用情報に異動情報として債務整理をしたことの記載があるとが判明したら、クレジットカードが使えなくなり、新規のクレジットカードの申込みもできなくなってしまいます。

 

ようは、借り入れができなくなるということです。

 

自己破産の場合

 

自己破産の場合は、どのくらいの期間クレジットカードが使えなくなるのかというと、各信用情報機関により違います。

 

CIC、JICC については5年、KSC は10年、自己破産した履歴を保存しているので、その間はクレジットカードの申込み、使用はできません。

 

なので、5〜10年はがまんする必要があります

 

個人再生後の場合

 

個人再生後にクレジットカードが使えるようになる期間は、5〜10年です。

 

個人再生の履歴は、CICは載らない、JICCは5年、KSCは10年です。

 

個人再生の場合、借金を3〜5年かけて分割返済するので、上記の期間に3〜5年をプラスすることになります。

 

CICは、個人再生については載りませんが、延滞情報は異動情報として掲載されます。掲載期間は5年です。

 

任意整理の場合

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

任意整理は、クレジットカード会社と弁護士・司法書士との裁判外での任意の交渉により、借金を減額して分割払いすることについて話し合う債務整理ですが、自己破産・個人再生と違い、任意整理は、債務整理の効果の多い(借金が減る・保証人がついていないなど)クレジットカード会社を選択して交渉できるので、債務整理をしたクレジットカード会社と、債務整理をしないカード会社に分かれます。

 

任意整理をしたクレジットカード会社は、債務整理後はクレジットカードを使えなくなりますが、任意整理をしなかった会社のクレジットカードは、債務整理後、しばらく使える場合があります。

 

任意整理をしたクレジットカード会社は、債務整理をしたことが当然わかっているので、債務整理後はクレジットカードが当然使えなくなりますが、それ以外のクレジットカード会社は、債務整理後もその事実がわからないのでクレジットカードが使えるというわけです。

 

しかし、任意整理したクレジットカード会社は、加盟している信用情報機関に、任意整理をしたという異動情報を報告するので、今回任意整理しなかったクレジット会社も、カードの有効期限時の定期調査や、不定期の与信調査の時には信用情報機関の信用情報を確認するので、ブラックリストに載っていることが発覚することになり、時間の問題でクレジットカードは使えなくなります。

 

 

任意整理の履歴は、CICは載らない、JICCは5年、KSCは載らない。

 

CICは、任意整理については載りませんが、延滞情報は異動情報として掲載されます。

 

掲載期間は5年です。

 

KSCは、任意整理については載りませんが、銀行に保証会社が立て替え払いした時は、代位弁済したという事実が異動情報として5年間信用情報機関に登録されます。

 

クレジットカードをどうしても使いたい

 

債務整理後は、5〜10年はクレジットカードの申込み、使用はできませんが、公共料金の支払い、携帯電話の支払い、ネットショッピングなどにどうしてもクレジットカードを使いたいという場合は、デビットカードが役に立ちます。

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

デビットカードは、自身の銀行口座の残高の範囲内で、使うことができるカードで、クレジットカードのようにカード使用後の後払いではなく、デビットカードを使った時に即時引き落としする方法で使うことになります。

 

そのため、クレジットカードのように信用調査はないので、信用情報機関を参照することがなく、誰でもカードを作ることができるということです。

 

ETCカードも使いたい

 

ETCカードもクレジットカードのサービスなので、債務整理後は使えません。

 

こちらもその代わりにETCパーソナルカードがあります。

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

ETCパーソナルカードは、一定の金額を預託金として預けることで、クレジットカードのように使用できるものです。

 

運送業の長距離運転手などを職業にする方の強い味方ですね。

 

まとめ

 

債務整理後、クレジットカードが作れない理由

 

債務整理後にクレジットカードが使えなくなる理由についてご紹介してきました。

 

あらためてまとめると、

 

1.債務整理後は、信用情報機関にその情報が掲載されるのでクレジットカードが使えなくなる
2.任意整理の場合、任意整理しなかったクレジットカード会社もカード期限が来ると使えなくなる
3.任意整理後、5〜10年経たないとクレジットカードは使えない
4.債務整理後、クレジットカードが使えるようになるまでは、デビットカード・ETCパーソナルカードを利用する

 

ということです。

 

クレジットカードをつけない期間は、しっかり債務整理して、借金をしない生活習慣を身につけてください。